コマキ進学塾

コマキ進学塾は宇都宮の学習塾。創立63年「私たちはめんどうみナンバーワンを目指します!」

コマキ進学塾は宇都宮の学習塾です。今年で創立63年!「私たちはめんどうみナンバーワンを目指します!」

指導方針
コース一覧
教室案内
twitter
you tube
無料体験

中学生 定期テストで150点アップする戦略まとめ

中学生 定期テストで150点アップする戦略まとめ テキスト解説


定期テストの点数が280点まで

下がってしまった僕が、

たった1ヶ月で430点へ!!

短期間で150点アップした驚異の

方法とは?

中2 宮の原中   T・Y君

コマキ進学塾の定期テスト対策はとにかくすごいです。

以前、自分はほかの個別指導塾に行っていたのですが、そこの塾は授業での勉強量が少なかったです。1回の授業に3~4ページしかやりませんでした。そのためテスト範囲が終わらずにいました。しかもテスト前の特訓などはありませんでした。しかし、コマキ進学塾では授業で15~20ページやるのは当たり前。とにかく勉強量をやります。だからテスト範囲は3回も繰り返しやることができます。

何回も繰り返しやることで学習が身につき、点数アップすることができるのが本当によかったです。しかも、自分の学校の範囲にしぼってやってくれるので嬉しいです。
コマキ進学塾のいいところはそれだけではありません。定期テスト1ヶ月前になると「予備特訓」があり、授業のない日に週に2回~3回定期テスト対策授業をおこなっていきます。そしてテスト直前には国社理の特訓もあり、最後の総復習ができます。

1ヶ月徹底的にやったことで、なんと5教科で150点もアップすることができました!!


中2 陽西中  M・Hさん

コマキ進学塾の定期テスト対策に本当に満足しています。

中1のときの成績は420点でよかったのですが、だんだんと成績がわるくなり、中2の最後の方には300点まで落ちてしまいました。以前通っていた塾はグループ指導で、定期テストの範囲は回収することなく、定期テスト対策のプリントや問題集を配って自分でやってという感じでした。それらの教材は自分ではなかなか解くことができず、どうしようかと悩んでいました。

そんな時、友達がコマキ進学塾に行って成績がものすごく伸びたのを聞いて行ってみようと思いました。コマキ進学塾に入り初めての定期テスト対策は活気にあふれてました。みなもくもくと集中して勉強をし、テストの範囲を何度も繰り返していました。

今まで自分はテスト範囲を何とか1回終わった程度でしたが、コマキ進学塾の生徒は3回も4回も終わっている子がたくさんいました。そしてそのような子たちは400点~450点をとっていました。私はそのような子に刺激され、コマキ進学塾の個別指導で定期テストの範囲を3回やりきりました。

今までにない勉強量をやり、すごい達成感になりました。その結果、合計で120点もアップすることができたのです!!これからも頑張っていきたいです。


中2 一条中  N・A君

コマキ進学塾の定期テスト対策はカンペキです!!

自分はもともとグループ指導の塾に行っていまいした。定期テスト対策の授業もありましたが、ほとんどが「補習」であり、ほぼ自習と同じでした。

先生はいますが、教室に1~2名程度で、わからない僕にとって質問もできず困っていました。
中1からその塾に行ってましたが、成績が下がっていくばかり。250点まで下がってしまいました。悩んでいたところ、部活の先輩がコマキ進学塾に通って、100点以上成績を伸ばしたことを聞き、体験に行きました。体験に行ったときは、ちょうど中間テストの期間でした。

そのときのコマキ進学塾の生徒たちに驚かされたことを今でも覚えています。僕が体験している間、となりの教室でやっている同じ学年の生徒たちが、15~20ページ問題を解いていたからです。なぜそれがわかったかというと、コマキ進学塾の生徒たちの勉強したページ数がホワイトボードに書かれていたからです。こんなに勉強をやっているの!!と驚きました。

今まで勉強といっても学校のワークや、塾のテキストくらいで、こんな何十ページもやったことはなかったからです。コマキ進学塾の生徒の真剣さ、集中力に本当に圧倒されました。コマキ進学塾の体験を受け、今までの勉強ではまずいと思い、次の日からコマキ進学塾に来て、テスト特訓を始めました。自分の学校の範囲を丁寧に教えてくれ、5教科しっかり面倒をみてくれました。

コマキ進学塾に入るのがテスト直前だったため対策も不十分で成績は少ししか伸びませんでしたが、次のテストのときは合計で100点も伸ばすことができました!!コマキ進学塾の個別指導、定期テスト対策はカンペキです!!


中2 豊郷中  Y・Tさん

コマキ進学塾の定期テストは「ここまでやるの!!」レベル


私は、家庭教師の指導を受けていました。週2回指導を受けていましたが、5教科のテスト範囲をしっかり教えてもらうことは難しく、いつも中途半端な状態で定期テストを受けていました。自分なりにも頑張っていましたが、成績は伸び悩んでいました。

そんなとき、いとこがコマキ進学塾に通っていることを聞き、定期テスト対策のことを聞きました。テスト前1ヶ月から授業を延長したり、5教科しっかり指導してくれ、テスト前の特訓の多さ、細かさにすごい!!と思いました。

コマキ進学塾に入ったのは2学期の中間テスト前でした。今回のテストは範囲も広く、また成績が下がっちゃうのかなと心配になっていました。でもそんな不安はすぐに消えました。なぜなら、コマキ進学塾の勉強で自信をつけたからです。

コマキ進学塾では授業中にテスト範囲を3回完璧に終わらせます!5教科合わせれば250~300ページもあるテスト範囲を終わらせていきます。しかも、授業のない日は無料で3時間の特訓!!

苦手分野を攻略できました。最後には国社理の最後の特訓で総仕上げを行い問題集を100ページ以上もやりました!!こんなに勉強できたのは人生ではじめてでした。今は430~450点の間を維持しています。勉強時間と勉強量をここまでやるのはコマキ進学塾だけだと思います。




コマキ進学塾では定期テストの成績を

30点アップは当たり前です。

毎回、50点アップ、100点、

150点アップは大勢います。




驚異の点数アップをたたき出す



コマキの定期テスト対策の内容とは?


①「学校ごとの対策」×「範囲を3回やる勉強量」     

短期間で驚異の点数アップを実現!!  定期テストは学校ごとに範囲が異なるので、点数を伸ばしたいなら学校ごとに対策をしなければいけません。コマキ進学塾では学校ごとに定期テストの範囲を1ページもくるわず、お子さんの学校だけの定期テスト対策をおこないます。 しかも、その範囲を3回繰り返します。3回繰り返すことで内容を徹底的に身につけ、「解答力」「暗記力」「完答力」をつけていきます!!


②5教科完全指導でとにかく伸ばす!!

コマキ進学塾の定期テスト対策は5教科完全指導をします。英数の2教科しか授業しかとっていない子でも5教科しっかり面倒をみます。お子さんの5教科すべて点数を伸ばすことがコマキ進学塾のテスト対策のモットーです。


③「定期テストのために作られた問題集」で得点力!

コマキ進学塾が授業で使っている問題集は、全国の定期テストを数千枚集めて分析した問題集です。定期テストのためだけに作られた問題集だからこそ、得点力アップができるのです!!


④「定期テストの過去問」で実践本番力!

コマキ進学塾では宇都宮市内で実際に出された中間・期末テストの過去問を用いて実践演習をおこないます。毎回ここから70%以上出題されるので、やるだけですぐに点数をとれるようになります。


⑤年間120時間以上の「無料」のテスト対策授業


(1)定期テストの1ヶ月前から個別指導の授業を延長します。
  中1は40分、中2・中3は1時間延長し、定期テスト対策をおこないます!

(2)授業以外の日に「予備特訓」を行います。
  授業のない日に「予備特訓(1回2~3時間、週に2回~3回)」をもうけ、塾のテキスト、
  学校のワーク、プリント類などを徹底的にやり、点数を伸ばしていきます!


 (3)テスト直前3日間は、特訓(12時間)を行います。  
  暗記分野を中心に、最後の総仕上げをおこないます。
  コマキの特訓は驚異の勉強 量を実現しています。
  3日間の特訓で少ない子でも問題集70ページ以上、
  多い子では問題集100ページ以上解いています。



定期テストはなぜ大切か?


① 栃木県高校入試の内申点に大きくかかわるからです

栃木県の高校入試は本番の点数だけで決まるわけではありません。 中間・期末テストの結果が「内申点」として影響を与えます。 そのため、毎回の定期テストの結果がとても重要なのです。

② 下野模試に大きな影響を及ぼします

栃木県の高校入試では11月・12月・1月の下野模試の結果で決まります。

では、下野模試の結果に影響を及ぼすものは何か? それは「定期テスト」です。
1年、2年、3年と毎回定期テストをしっかりやっていた子は、 下野模試の成績がぐんぐん伸び、 一方、定期テストがおろそかな子は、伸び悩んでしまうのです。

中3になって受験勉強をやれば大丈夫と思っている方が大勢います。 たしかに点数は伸びるかもしれません。 しかし、中1~中3(夏明け)の定期テストの積み重ねが、 受験最後の伸び率を加速させていくのは事実です。 受験の合否を変えるほど定期テストは重要なのです。


③ 栃木県特色選抜入試に大きくかかわります

特色選抜入試は本番の試験だけでは決まりません。
定期テストの評定が深く関わってきます。そのため、定期テストは重要な評価の対象になります。 しかし、もっと大切なことがあります。それは、特色選抜入試は定期テストの評定で差がつきにくいということです。どういうことかというと、特色選抜入試を受ける子は優秀な子が多く、定期テストの評定も高いのです。

つまり、特色を受ける子は基本的に評定が良く、定期テストで差がつきにくいのです。だからこそ、定期テストの評定が低いと、試験を受ける前から差がついてしまうことになりかねないのです。


.